川上 洋子(手術室専属看護師)

大分県出身
大阪赤十字病院看護専門学校を卒業後、高槻赤十字病院呼吸器内科病棟、国立循環器病センター手術室勤務などを経て、
現在は千葉県内の大学病院に勤務する。

また、オーストラリアGriffith university看護学士取得編入コースに在籍し、多忙な勤務の合間に勉学に励んでいる。

剣道で鍛えた並ならぬ精神力と集中力で、"術者の視点で行う手術介助"のできる職種の壁を越えたエキスパートを目指し
医師と同様に学会やセミナーなどで全国を駆け回る傍ら、自らも学会発表や手術器具の改良、執筆活動を幅広く手がける。

多趣味でゲームや電化製品大好きという反面、雑貨やアクセサリー、ピンク色のものが大好きという意外な一面もある。
休日に愛車でドライブに行ったり、近所のショッピングモールでぶらぶらしたり、
ON・OFFはっきりつける事が彼女の仕事への意欲に繋がっている。
(c)SHIELD Inc. All Right Reserved.