竹内 エリカ (幼児教育者/大学講師/日本キッズコーチング協会理事長/日本女子力推進事業団理事/ダンススタジオヒース代表/CTTサッカースクールアドバイザー)

 お茶の水女子大学修士課程舞踊教育学修了。
 5歳よりモダンバレエを始め、児童舞踊師範となる。

 1994年、日本選抜チームのリーダーとして渡豪後、日本および海外の公演活動に参加するほか、
 NHK教育テレビ『あいうえお』にて2年間出演振付などにたずさわる。
 全国で第1位文部大臣賞をはじめ多数受賞歴があり、
 コーチングの手法を用いてダンススタジオの運営に携わる。

 一方、20年にわたり発達心理について研究し、
 結婚・出産をきっかけに子どもの育成と母親への支援を目的として一般財団法人日本キッズコーチング協会を設立。
 講演活動なども精力的に行い、これまで約9800人の親子に携わる。

 発達心理・表現教育・行動科学の専門家の協力を得て、
 0歳から6歳までの子どもの認知特性を活かした指導法キッズコーチング法を考案、実践する。

 近年は、「元気の天才を育成する」を合言葉に
 キッズコーチ資格認定・発達カウンセリング・支援プログラムの開発を中心に活動している。


 一般財団法人日本キッズコーチング協会
 http://jakc.or.jp/

 ダンススタジオヒースオフィシャルスクール
 http://heath-lab.com/
(c)SHIELD Inc. All Right Reserved.